宮坂建設工業株式会社

ホーム | リンク | ダウンロード | お問い合わせ

完成工事写真

建築工事

更新日 2016年06月06日

公共施設

社会資本整備、地域基盤整備の一貫として、道路維持管理施設、河川・営農用水整備施設を始め、地域に密着した拠点機能を果たす施設を施工しております。



幕別町新庁舎建設工事(建築主体その2)

【発注者】幕別町

【工 期】平成26年8月8日~平成28年3月18日

【施設概要】
 幕別町新庁舎は旧庁舎の老朽化、幕別町・忠類村合併による建物の狭隘化により計画され、災害時の拠点としての機能を備えて建設された建物です。免震構造、自家発電機、太陽光発電システム、地中熱ヒートポンプなどを備え、ユニバーサルデザイン、オープンフロアで幕別町のシンボルとなる庁舎です。

(仮)陸別町給食センター建設建築主体工事

【発注者】陸別町

【工 期】平成26年7月7日~平成27年2月13日

【施設概要】
 陸別町として始めての学校給食センターが建設されました。
 町内にある保育所・小学校・中学校を対象に、1日約250食を提供します。
 内部には見学者コーナーが設けられ、調理している所が見られるようになっています。

帯広市新学校給食調理場建築主体工事その1

【発注者】帯広市

【工 期】平成25年6月27日~平成26年11月27日

【施設概要】
 帯広市内の小中学校40校約400クラスを対象に、1日当たり1万4千食を提供する能力を備え、ドライシステムを導入した衛生的な給食調理場です。2階には調理体験室・見学コーナーなども設けられており、市民の皆様が社会学習のできる施設になっております。

草地整備 上佐幌西地区61工区

【発注者】十勝総合振興局

【工 期】平成25年4月30日~平成25年10月30日

【施設概要】
 本工事は草地整備事業の一環として新得町上佐幌地区に育成牛舎-378頭収容(鉄骨造 平屋建 延床面積3,339㎡)の建設をし、十勝の基幹産業でもある酪農事業の合理化を図り、農業の振興を基幹とした本地域の活性化に、資することを目的としています。

畑地帯(営農用水)音更東部地区第71工区

【発注者】十勝総合振興局

【工 期】平成24年5月1日~平成24年12月10日

【施設概要】
 畑地帯の音更東部地区における営農用水のための浄水場施設です。酪農経営・畑作経営の大規模化への必要水量を確保し、安定した用水供給を可能にする事で、北海道・十勝の主要産業である酪農・畑作の活性化を促進させることとなります。

広小路アーケード空間整備事業

【発注者】帯広広小路商店街振興組合

【工 期】平成23年6月28日~平成23年11月30日

【施設概要】
 築後30年を経過した為、屋根・塗装の劣化や汚れによる暗さ等を解消する目的で、リニューアルを行った工作物です。

北海道帯広児童相談所庁舎増築・改修工事

【発注者】北海道

【工 期】平成22年7月2日~平成23年1月31日

【施設概要】
 この施設は、築35年経過した北海道所有の職員福利施設を、内外全般に渡り改修・増築を行い、新たに児童相談所として有効に再利用された建物です。

北海道横断自動車道 管理棟新築その他工事

【発注者】釧路開発建設部

【工 期】平成20年8月13日~平成21年3月16日

【施設概要】
 「釧路外環状道路」の東端に位置する(仮称)別保ICに隣接して建設される管理棟及び電気室棟です。
 一般利用者にも道路情報提供の場として、開放された設備を伴って建設されました。

中札内IC雪氷基地事務所外新築工事

【発注者】帯広開発建設部

【工 期】平成20年6月13日~平成20年12月19日

【施設概要】
 この工事は帯広・広尾間高規格道路の維持・管理を目的として中札内ICに隣接して建設される雪氷基地事務所外新築工事です。
 事務所棟・車庫棟・薬剤庫棟 各1棟

(仮称)鹿追町農業振興センター新築工事

【発注者】鹿追町

【工 期】平成19年8月10日~平成20年8月20日

【施設概要】
 この工事は、鹿追町様が取り組む『地産地消』の拠点的機能を果たす施設です。
 急速冷凍乾燥機、真空包装機、熱風消毒保管庫等が整備され、地場の食材を可能な限り使い、加工・調理・包装を行うほか、学校給食調理用の設備も合わせて持っています。

道警ヘリ駐機場建設工事

【発注者】帯広空港ターミナルビル㈱

【工 期】平成19年10月8日~平成20年3月31日

【施設概要】
 当施設は、帯広ターミナルビル株式会社様が建設し、北海道警察に賃貸するヘリコプターの駐機場です。
 この駐機場は、北海道警察航空隊が道東エリアをカバーし、容疑者検索 ・交通取締り ・災害警備 ・遭難者救助の業務に当る基地となります。

下浦幌(二期)地区 豊北排水機場上屋新築外一連工事

【発注者】帯広開発建設部 

【工 期】平成19年3月9日~平成19年9月7日

【施設概要】
 国営総合農地防災事業で、社会的状況の変化に起因して、農用地、農業用排水施設等の機能が低下し、排水不良、農作物の育成不良等の被害が発生している地域において、その機能を回復し、被害を防止することにより、農業生産の維持及び農業経営の安定を図り、国土の保全に資することを目的として建設されました。

道立噴火湾パノラマパークビジネスセンター

【発注者】北海道 

【工 期】平成16年10月1日~平成18年3月31日

【施設概要】
 当工事は道内初のPFI工事であり、関係官庁はもとより道民、地域住民の大きな期待と関心を担っている工事です。
 自然景観への配慮を充分念頭に置き利用者に末永く愛される公園施設として建設されました。

下浦幌(二期)地区 浦幌太排水機場上屋新築工事

【発注者】帯広開発建設部

【工 期】平成17年7月14日~平成18年2月1日

【施設概要】
 国営総合農地防災事業として下浦幌(二期)地区にて本川の洪水から周辺流域の人々の生命と暮らし及び浸水被害を守る為の排水機場です。

千代田分流堰管理棟建築工事

【発注者】帯広開発建設部 

【工 期】平成17年3月11日~平成18年1月30日

【施設概要】
 自然豊かな歴史深い町・幕別町の由来は、アイヌ語の「マクウン・ペツ」(山際を流れる川、または後川)が転訛したと言う事であります。
 十勝管内の中核的な町、十勝らしさの本質である豊かな環境と住民生活を守る為の千代田分流堰管理棟は、十勝エコロジーパーク内に位置します。

(仮称)帯広市新図書館新築建築主体(その2)工事

【発注者】帯広市 

【工 期】平成15年12月2日~平成17年10月31日

【施設概要】
 新図書館は十勝の風土を生かしたデザインやゆったりとしたスペースを持ち、幼児から高齢者までの幅広い層にも利用しやすく、親しみやすくまさに市民に開かれた図書館として、帯広市民の文化のシンボルとなる施設です。

畑総(担い手育成)熊牛中地区 第51工区

【発注者】北海道十勝支庁 

【工 期】平成16年3月30日~平成16年11月30日

【施設概要】
 清水町熊牛地区の営農用水施設整備における事業の一つです。建物内には、ろ過タンク、ポンプ、浄水池が設置されており、この施設内で浄化された水が地域住民の方に生活用水として送られることとなります。

昭栄西地区 昭栄排水機場上屋新築工事

【発注者】帯広開発建設部 

【工 期】平成15年7月31日~平成16年2月27日

【施設概要】
 この建物の特徴は、鉄骨部材全てが溶融亜鉛メッキ仕上げで、外壁材はフッ素樹脂塗装板、屋根はカラーステンレス材となっており、仕上げ材の維持管理がとても大変な建物です。

子どもの水辺地域拠点センター新築工事

【発注者】財団法人河川環境管理財団 

【工 期】平成15年9月2日~平成16年1月9日

【施設概要】
 『いつの日も子供達の笑顔と笑い声あふれる水辺であってほしい』をスローガンにして「水と空」、「自然の中の集い」をイメージしました。水と空を映し出すガラス空間の展望スペースを設置して、太陽光溢れる、明るく暖かい集いの空間を提案しました。

農業農村サポート施設研究棟新築工事

【工 期】平成15年8月6日~平成15年12月10日

【施設概要】
 この施設は、地域農業の大型化あるいは高齢化に伴い、家族労働以外からの雇用が求められていることから就農をサポートする支援事業を進めていくものとして、長期宿泊を可能にした宿泊棟、短期宿泊と研修施設を備えた研修棟を建設したものです。

下居辺交流施設新築工事

【発注者】士幌町

【工 期】平成12年6月13日~平成13年8月13日

【施設概要】
 士幌町の田園地帯を流れる居辺川の清流沿いに、斜面を利用し自然を活かして建てた建物です。宿泊棟、レストラン、管理棟、温泉棟に分かれています。

帯広市駅前(北)広場水の施設整備工事

【発注者】帯広市

【工 期】平成13年7月13日~平成13年12月10日

【施設概要】
 帯広駅北口広場に帯広の玄関口のシンボル的なモニュメントとして設置されました。
 クロソイド状円形構造で、外周をガラスレンガで積み内部に光ファイバーを内蔵し、1分間に6色変化し夜になると美しく輝きます。
 周囲ではベンチ、鹿の像も建設され帯広市民の憩いの場となっています。

学校給食センター建築主体工事

【発注者】芽室町

【工 期】平成12年6月21日~平成13年1月31日

【施設概要】
 旧芽室町学校給食センターの老朽化に伴う建替え工事及び、「食品の危害分析重要管理点監視方式(HACCP)を、将来に向け対応出来る施設にするのが目的です。

帯広消防庁舎改築工事(建築主体)

【発注者】帯広市

【工 期】平成9年12月17日~平成11年6月30日

【施設概要】
 本庁舎は、新耐震の1.5倍の強度を持つ建物で、2階指令室には床免震装置を採用し地震時の通信機器の被害を防ぐ設計となっています。
 又、自家発電設備、地下貯水タンク設備等で災害時には、3日間の消火活動が可能となっています。

大津コミュニティーセンター新築工事

【発注者】豊頃町

【工 期】平成11年5月27日~平成11年12月10日

【施設概要】
 十勝では歴史のある漁港に地域住民のために多目的な用途に使用出来る様に建てられた地域コミュニティセンターです。

足寄動物化石博物館新築工事

【発注者】足寄町

【工 期】平成8年9月17日~平成9年11月28日

【施設概要】
 足寄町で産出された動物化石を中心に、化石の専門博物館で研究を継続し、公開する場で自然光との調和と遠近法を組み入れた建物です。

銀河の森天文台建設工事

【発注者】陸別町

【工 期】平成8年8月21日~平成9年6月30日

【施設概要】
 星を観測するのに最適な町と言われている日本一寒い陸別町に建っています。
 望遠鏡はアメリカで製造され、この望遠鏡で美しい星を見ることが出来ます。

北海道立帯広美術館新築工事

【発注者】北海道

【工 期】平成元年10月9日~平成3年3月25日

【施設概要】
 本館は、道立地方美術館として旭川、函館に次ぐ3番目平成3年9月にオープンしました。
 自然に恵まれた都市公園の中に建設される立地条件を強く意識し「美術の森」を最大のテーマとしています。

工事情報

完成工事写真

施工中工事写真

お問い合わせ
080-0014
北海道帯広市西4条南8丁目12番地
TEL 0155-23-9151
FAX 0155-24-1577
Email info@miyasaka-cc.co.jp