宮坂建設工業株式会社

ホーム | リンク | ダウンロード | お問い合わせ

地盤改良工

特殊工法

CDM-LODIC工法(変位低減型深層混合処理工法)

1.概要

 CDM-LODIC工法(変位低減型深層混合処理工法)は、従来の攪拌翼の上部にスクリューを取り付け、セメントスラリーの投入量に相当する土量を排出することにより、周辺の地盤や構造に影響を与えることなく施工することを可能としました。

※LODICの意味?
LOw(小さく)、DIsplacement(変位を)、Control(制御する)を意味します。

2.施工方法

 地盤中に攪拌翼を貫入もしくは引き抜くときに、改良地盤の土はスクリューを介して地表面上に排出させます。このとき地盤中に注入するセメントスラリー量にほぼ相当する土量を排出することによって、周辺地盤や近接構造物の変位を低減することができます。

3.施工機械

施工実績

技術・サービス

お問い合わせ
080-0014
北海道帯広市西4条南8丁目12番地
TEL 0155-23-9151
FAX 0155-24-1577
Email info@miyasaka-cc.co.jp