宮坂建設工業株式会社

ホーム | リンク | ダウンロード | お問い合わせ

シミュレーション解析

コンクリートの3次元温度応力解析

1.概要

 土木学会のコンクリート標準示方書[施工編]では、広がりのあるスラブについては厚さ80~100cm以上、また、既設コンクリートにより下端が拘束された50cm以上の壁部材を「マスコンクリート」として規定しています。このようなマスコンクリートを構築する際、セメントの水和熱および環境温度の変化に伴う体積変化に起因するひび割れが、構造物の要求性能(安全性、使用性)に影響を及ぼさないことを確認しておく必要があります。
 弊社では、施工を開始する前に実際の条件で施工した場合のひび割れ発生の可能性を「マスコンクリートの3次元温度応力解析専用プログラム」により照査し、要求性能を損なうようなひび割れの発生が予測される場合には、ひび割れの制御対策を検討します。

2.特徴

  • 施工前に解析を行うことでひび割れ発生確率コンクリート温度・応力・ひずみの経時変化貫通ひび割れか表面ひび割れか等の予測ができます。解析結果をもとに打設リフトの変更養生方法膨張材の使用ひび割れ誘発目地設置等のひび割れ制御対策を事前に検討することができます。
  • 自社で解析することにより、コンクリート打設スケジュールや使用するコンクリートの変更等、施工条件の変化に柔軟に対応することができます。
  

3.フローチャート

4.解析から検討までのプロセス

技術・サービス

お問い合わせ
080-0014
北海道帯広市西4条南8丁目12番地
TEL 0155-23-9151
FAX 0155-24-1577
Email info@miyasaka-cc.co.jp